gakushihoken_IMG

学資保険の選び方で注意したい点とは

子どもの教育費に関しては、一定の学齢に達するごとに大きな金額が必要になっていきます。
ゆとり教育が見直されて、現在は、量的な面でも質的な面でも多く難しくなってきています。
そこで、学校だけではついていけなくなる子どもたちが多くなっており、塾通いが常識化しています。
他方、少子化の影響から塾産業は競争が激化しており、競争に勝つための一つの手段として、入塾金が無料なのは当たり前で、授業料の値引き合戦が続いています。
この値引き合戦は、塾に通わせる家庭にとっては教育費の節減につながるので喜ばしいことでしょう。
他方、子どもの教育費に関する備えとして、学資保険という選択もあります。
ただし、保険の内容に関しては各社微妙に変わっているほか、満期返戻金の額が元本割れするケースもあるので、選択にあたっては事前に各社が販売している学資保険の中身についてしっかりと確認しておくことが大切なことになります。
以下では、学資保険の選び方についてのポイントをご紹介したいと思います。
まず保険内容としておさえておきたいのは、この保険は、契約時に決めた子どもの年齢に達した場合には、祝い金などの名称で給付金が支給されることが特徴になっています。
契約時に決めた学齢とは、すなわち、中学や高校、大学の入学時期に集中しています。
この時期に子どもの教育費については、まとまった額が必要となるのです。
これは、教育費の積み立てを行っているのと同じような役割を果たすことになります。
一方、保険という観点からは、保険契約者や被保険者である子どもに万一のことが発生した場合の保障が適用されることになります。
もっとも、各社によって、保障内容が異なっているのでこの点は注意する必要があります。
保障を多くしたいのか、それとも積み立てに力を入れたいのかということで、保障内容や祝い金に違いがでてくるのです。
さらに、ここで、積み立てに重きをおく場合に注意したいのは、積み立て型であっても元本割れの危険を伴っているということです。
したがって、積み立てに重点をおく場合には、必ずこれまでの運用実績や支払い実績を確認しておくことが大切なことになります。
ただし学資保険の運用益には税金がかかるので注意が必要です。
なお、祝い金は、特別な賞与のような感覚をもって受け取る人が多いのですが、その性質は、満期返戻金の前倒しにほかなりません。
また、保険契約者が死亡した場合には、通常、それ以降の保険料の支払いは不要となります。
教育費の積み立てを行いながら保障を確保できる利便性は大きいといえる保険商品です。
ただし、健康上の理由で学資保険に入れない場合もあるので、ご了承ください。

MENU