gakushihoken_IMG

大学入学のための教育費と学資保険とは

教育資金を用意することは、並大抵の努力ではおさまらないということを、最近やっと理解できるようになりました。
それぞれの家庭での、収入の差異はあっても、それにともなう支出もまた多種多様であり、必要な資金を貯めることは、必ず決まった期間までに必要な資金を貯めるという根気と決意、それに子どもを大学までいかせるためにはどの程度資金が必要か計画だてて考えるスケジュール感覚が必要になります。
ファイナンシャルプラニング、人生における金銭の計画だてということは、どの家庭にも必ず必要なものですが、不動産購入、老後のための資金と合わせても、最も大きな支出の一つである教育資金の用意は、ある時期に急に多額の支出が出るという種類のものであるだけに、それまでにどれだけ用意できるかが鍵となるのです。
その際に、貯金だてて計画的に資金を用意することは、もちろん一つの手です。
それと同時に、資産運用にはさまざまな方法があり、決まった時期に必要な額がわかっている場合は、銀行の定期預金以外の方法を考えることは、決して無意味なことではありません。
その際に注意しなければいけないのは、教育資金という、絶対的に必要なお金の運用にあたって、その運用方法がどの程度安全なものかという点です。
資産運用には流動性、つまりすぐに換金できるかどうか、収益性、利息がどの程度つくか、そして安全性が問われると言われますが、教育資金の用意については、絶対的にこの安全性が必要であり、運用に失敗して資金が全て消えてなくなるということはあってはならないのです。
その意味で、金融商品の中でも群を抜いて安全性が高く信頼できるのが、学資保険といえます。
大学までの学費が1千万円以上のため学資保険は大事なのです。
私の両親も大学資金を用意する際に、利率の高い当時の保険に加入しており、その魅力は私自身強く感じていますが、何よりも魅力だったのは、高い運用性に加えて、加入者である父に何かあった場合、保険料の払い込みの必要がなくなったという点です。
もしも一家の大黒柱が亡くなった場合でも、この学資保険に保険料を払うことなく、大学入学の足しにできたと最低限の安心を確保することができたのは、今にして思うと両親にとって、とても大きかったのではないでしょうか。
むろん生活面では生命保険で安心を確保し、さらなる豊かさの保障を学資保険で両親と私が得ることができ、さらには運用面でも魅力があったという意味でも、自分の家族が契約した金融商品がいかに魅力的だったかを改めて実感します。
学資保険の受取総額はこちらをご覧ください。

MENU