gakushihoken_IMG

学資保険は何歳から入って方が良いか

学資保険は子供の教育資金として計画的に積み立てる貯蓄重視の保険と言えるでしょう。
学資保険以外でも銀行預金など、貯蓄出来る機関はありますが、貯蓄保険にはメリットが沢山あるでしょう。
色んなタイプの保険の種類があり、その家庭の事情に合わせ選ぶことが可能であり、たとえば、満期時に一括で受け取れるタイプのものや満期時の他にも小学校、中学校、高校、大学の入学時に進学資金として受け取れるタイプのものまでさまざまなタイプの保険があるでしょう。
 また、契約者(主に親)が亡くなったり、不慮の事故で身体障害になったりした場合は、その後の保険料の支払いが免除となり、満期保険を100%受け取れる形の保険が主流となっているでしょう。
満期保険金というものは、保険期間満了までに支払った保険料、またはそれにプラスしたまとまった給付金のことでしょう。
 保険機関の種類も多種にわたって、数多くあります。
旧郵便局の教育保険から他の民間の保険会社の学資保険も、色んなタイプのものがあり、割り戻り率も100%以上あり、銀行の金利よりはるかにお得なものになっているでしょう。
 子供が何歳から、保険に加入するべきか悩むところでしょう。
保険会社によってさまざまですが、ほとんどの保険会社が0歳から入ることが出来るでしょう。
また、妊娠中に加入できる保険もあり、それだけ早く加入していれば、満期も早くなり、負担が早く軽くなるということでしょう。
また、加入時の年齢が上がるにつれ、保険期間が短くなるわけですから、満期保険金額もそれだけ少なくなるというわけでしょう。
 では、理想的な加入年齢はいつがいいかと言うと、幼稚園に入る前までには加入した方が良いでしょう。
子供が成人になる前には支払い終えるのが理想ではないでしょうか。
出来れば、大学進学のころの18歳満期の保険を選ぶことが良いでしょう。
出来るだけ早く加入すればそれだけ保険料も安く見積もれ、月々の負担額も減るでしょう。
 保険の入り方にも色んなパターンがありますが、月々の保険料を決めて満期まで払い続ける方法や、満期保険金を決めて、月割りで計算して支払って行く方法や保険料を一括で収める方法などがあるでしょう。
 また、契約者がいつなんどき不運に見舞われることも考えられるので、保険の加入時期は、そういった意味でも早めの加入がお勧めだと言えるでしょう。
満期時には、満足のいく教育資金が用意出来ることが親としての責任だと言えるでしょう。
一度学資保険のシミュレーションをしてみてはいかがですか。

MENU